スターウォーズ ローグワンにダースベイダー?ヘイデンはそのため?

スターウォーズのスピンオフ映画「ローグ・ワン」が2016年12月16日に公開されます。ローグ・ワンにはダークサイドに堕ちたばかりのダースベイダーも登場するのではないかと騒がれています。そうだとしたら嬉しいですよね!調べてみました。画像引用元:http://real-ikilledkenny.deviantart.com/


そもそもスピンオフってどんな意味?

最近スピンオフという言葉がよく出てきます。そもそもスピンオフとは何なのでしょうか?簡単に言うなら「番外編」です。
有名な映画で例えるとこんな感じです。
『踊る大捜査線』のスピンオフが『交渉人 真下正義』
『エイリアン』『プレデター』のスピンオフが『エイリアン VS プレデター』
ハリソンフォードの『逃亡者』のスピンオフが『追跡者』
『スターウォーズ』では2Dアニメの『クローンウォーズ』他にも小説やコミックなど多数あります。これを全て制覇しているコアなファンも多いことでしょう。


ローグ・ワンあらすじ

ローグ・ワンはエピソード3とエピソード4の間の話です。エピソード3で生まれたルークとレイアが大きくなって出てきたのがエピソード4です。ということはエピソード3からエピソード4の間の約15年の間話になります。映画のあらすじはデス・スターの設計図を帝国軍から奪う話となります。エピソード4でルークがデス・スターを見事に破壊できたのも設計図を元に弱点を発見できたからです。反乱軍にとって非常に重要な設計図だったのです。登場するのは若き日のハン・ソロです。宇宙を飛び回る破天荒な賞金稼ぎハン・ソロをどのように描くのか注目されています。


ダース・ベイダーが出る?

エピソード3でダークサイドに堕ちてしまったアナキンはダース・ベイダーと名乗りエピソード4から地位を確立して登場します。ダークサイドでフォースに磨きをかけ真の「悪者」になりました。スピンオフのローグ・ワンではパドメの死を知らされたダース・ベイダーのその直後の様子なども描かれるかもしれません。ジョージ・ルーカスはダース・ベイダーが最強と語っていて、今でも多くのファンから圧倒的な人気を誇るダース・ベイダーが出るとなれば大変です。

スポンサーリンク




ヘイデン・クリステンセンはスピンオフに出演?
hayden-christensen-photo-17
画像引用元:http://www.iballer.com/

エピソード2と3に出演していたアナキン役のヘイデン・クリステンセンはエピソード8に出演するためのトレーニングを開始したと語ったらしい。しかし、エピソード8となると年代的に無理がありませんか?霊体としてならまだ分かりますが。。でもスピンオフ「ローグ・ワン」ならぴったり当てはまるんです。個人的にはこちらの方が確率は高いと思っています(外したらごめんなさい。。)


まとめ

スターウォーズのスピンオフ映画「ローグ・ワン」は新3部作と旧3部作を結びつけるストーリーです。考え方を変えれば単なるスピンオフではない気がします!キャストがオリジナルとは大幅に変わるだけで・・これは映画館で見るしかない作品です。しかも2018年にもローグ・ワンの続き?のスピンオフが公開されます。つまり、2015年から5年連続でスターウォーズの新作が毎年公開されるのです。特にアラフォー世代には大変な5年間となりますよ^^

スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

2016.1.7

スターウォーズ レイの正体は?一体誰の子?大抜擢の声優はこの人!

スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒の新ヒロイン【レイ】。フォースの強さにカイロ・レンもタジタジでした。ところでレイはフォースの持ち…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る