アナキンが一時的にライトサイドに戻る!ジェイクロイドに何が?

スターウォーズのアナキンのかわいい子役のジェイク・ロイド(27)が刑務所から一時的に出所を許可されたみたいです。あのかわいらしいアニーはなぜ刑務所にいるのでしょうか?その理由は人気者たる所以の悩みがあってのでしょうか?以前逮捕された時の情報と合わせてお伝えします。
画像引用元:https://twitter.com/globalnews


壮絶な逮捕劇!

ジェイク・ロイドは2015年夏に壮絶な逮捕劇を繰り広げた。場所はアメリカ サウスカロライナ州チャールストン郡、警察が160kmで爆走する1台の車を発見し停止を求めたが、そのまま逃走。なんと40kmも警察とカーチェイスを繰り広げ樹木の茂みで停止した。運転席にいたのはアナキン子役のジェイク・ロイド。名前を聞かれても当初は「ジェイク・ブロードベント」と別名を名乗り悪態をついていたらしい。薬物使用の疑いもあったが、あくまで暴走容疑で逮捕、収監された。この時の保釈金は120万円といわれ、すぐに保釈と思われたが、実際に保釈金が支払われることなく服役していた。服役して更生してほしいという家族の願いがあったのかもしれません。


一時的にライトサイドへ!

ジェイク・ロイドは10代の頃から患っていた統合失調症が悪化した。そのため、一時的な治療が必要と判断され、治療のための専用施設へ移送された。

スポンサーリンク


総合失調症とは?

総合失調症とは脳や神経系に生じる病気で、人により様々な症状がみられるそうです。

急性期に生じる患者さんの感覚は「眠れなくなり、とくに音や気配に非常に敏感になり、まわりが不気味に変化したような気分になり、リラックスできず、頭のなかが騒がしく、やがて大きな疲労感を残す」、あるいは「自分のことが周囲の人に筒抜けになり、常に人から見張られていて、悪口を言われ非難中傷されている」というような体験のようです。

 誰も何も言っていないはずなのに、現実に「声」として悪口や命令などが聞こえてしまう「幻聴」や、客観的にみると不合理であっても本人にとっては確信的で、そのために行動が左右されてしまう「妄想」といった症状が代表的です。

 これらの症状を「陽性症状」と呼びます。陽性症状は、安心感や安全保障感を著しく損ない、一度、症状が現れるとそこからの回復過程は緩やかで、十分な時間を必要とします。
引用元:http://medical.yahoo.co.jp/katei/040309000/?disid=040309000

10歳で世界的な大スターの仲間入りを果たしたジェイク・ロイドは思春期にかなり辛い思いをしてきました。


学校でのイジメ

10歳で見事スターウォーズのアナキン子役をGETしたジェイク・ロイドですが、その後の学校でのイジメは酷かったみたいです。「アナキンを演じたせいで、子供時代は生き地獄だった」子供が生き地獄と感じるような生活とは最悪ですよね!学校での有名人に対するイジメ、「アニー役を演じてみろ!」などと言われたりしたのでしょう!そして取材攻勢は多い日で1日60回、ひたすら同じようなことを聞かれ、映画の宣伝もする。子供にはあまりにも酷な話です。ジェイク・ロイドが総合失調症になったのは、おそらくこんな日々が続いたことが原因だと思われます。完全に1人の少年を世間が病気にしてしまいました。


まとめ

ジェイク・ロイドの治療期間は不明ですが、しっかりと社会復帰できるように治療をして欲しいです。俳優は人気が出れば出るほど叩かれる。これは人気者は仕方ない事なのかもしれないが、スターウォーズという、あまりにも有名過ぎる映画が招いたことなのかもしれない。スターウォーズの出演を後悔した俳優、そしてスターウォーズから飛躍した俳優、女優・・・あまりにも強いイメージの定着を出演後拭えるかが非常に重要なカギとなる。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

2016.10.22

スターウォーズ「ボバフェット」スピンオフに迫る!エピソード8もある??

数いるスターウォーズのキャラクターで、メインキャラクター以外で人気なキャラクターといえば賞金稼ぎの「ボバ・フェット」。マスクの下の表情は見え…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る