スターウォーズ ダークサイドを生み出しているのはジェダイなのか?

スターウォーズはライトサイドとダークサイドのフォースの戦いが終息をみせる気配が一向にない。なぜここまで互いに憎しみ、敵対心むき出しなのだろうか?なんか、それには深い事情がありそうです。いつの時代にもダークサイドを作り出しているのは、なんと、ライトサイドのジェダイかもしれない。お互いが憎しみ合うのはこんな理由があるのかもしれません。
画像引用元:https://www.reddit.com/


ジェダイがダークサイドに堕ちる

スターウォーズは1000年にも渡りライトサイドのジェダイとダークサイドのシスを中心とした戦いが繰り広げられている。しかし、これは単に銀河共和国を支配しようとするダークサイドと、それを阻止し、銀河共和国の平和を維持するライトサイドの戦いではないのだ!ジェダイとシスはお互いの事を知り尽くしている!ジェダイがダークサイドに堕ち、そしてジェダイを憎しみ、倒そうとする。ジェダイも裏切り者を倒し平和を維持しようとする。元は同じ境遇で共に戦ってきた仲間による切ない戦いを常に繰り返している。では、なぜジェダイはダークサイドに堕ちるのでしょうか?これまでの実例です。


パルパティーン

パルパティーンはダークサイドに堕ち、強大なダークサイドのパワーを手に入れ、ジェダイを倒し、銀河共和国を支配しようとしています。パルパティーンはもともとナブーの貴族家系で育ち、長年政治家として活動、その正体を隠し続けていました。ダークサイドの遺物を常に収集し、次第にダークサイドの魅力に惹かれていきました。そしてダース・プレイガスと思われる人物に出会う!これが全ての始まりです。その後、ダース・シディアスとなったパルパティーンは遂にオーダー66を発動、ライトサイドのジェダイに宣戦布告をしたのだ!ジェダイを全て知り尽くす男、ダース・シディアスは歴史上最も強力なシスともいわれています。アナキン・スカイウォーカーをダークサイドに導き入れたことなどを考えれば、スターウォーズ史上最強のジェダイの敵ともいえる。


アナキン・スカイウォーカー

アナキン・スカイウォーカーはダース・シディアスによりダークサイドに導かれました。妻であるパドメ・アミダラとの永遠の幸せを掴むため、銀河共和国を支配する道を自ら選んだのです。しかし、皮肉にもこの決断が愛する妻を永遠に失うとこになってしまうのです。妻パドメ・アミダラは2人の子供ルークとレイアを産み、悲しみに包まれながら、絶望の元、生きる気力すらなくなり、スターウォーズ史上最も切ない死を迎えます。アナキン・スカイウォーカーはエピソード3で師匠であるオビ=ワン・ケノービに「お前が憎い!」と言い放つほど、既に心はダークサイドに染まっていました。後に息子ルークとの親子対決になり、結果的(一時的?)に救われたアナキン・スカイウォーカーだが、元はダークサイドに立ち向かうジェダイなのです。

スポンサーリンク



カイロ・レン、ルーク?レイ?

カイロ・レンは祖父であるダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)を崇拝し、ダークサイドに堕ちました。この経緯などはエピソード8で明かされると思われます。レジスタンスの両親から生まれ、ダークサイドを敵として戦う立場でしたが、やはりダークサイドの魅力に惹かれ落ちてしまいまいた。そして、ルーク・スカイウォーカーやレイまでもがダークサイドに堕ちるのではと噂されています。ジェダイが戦うダークサイドの敵はジェダイ出身者だらけなのです。


ジェダイに何か問題が?

ジェダイから次々にダークサイドに堕ちるには何か理由、問題があるのかもしれません。そのヒントがクローンウォーズにありそうです。クローンウォーズのアナキン・スカイウォーカーとパダワンのアソーカ・タノは様々な困難な任務を遂行し、ライトサイドに日々貢献していました。しかし、あることがキッカケでアソーカ・タノが濡れ衣を着せられてしまいます。アソーカを全面的に信じるアナキンとパドメをよそに、ジェダイ評議会はアソーカを有罪とし、ジェダイオーダーからの追放を言い渡します。その後、アソーカの疑惑は晴れたが、ジェダイ評議会に対する不信感により自ら去ることを決意したのです。この時のアナキンの心情は決して穏やかではなかったはずです。可愛がって成長し続けていたパダワンを濡れ衣で失った時、ジェダイに見切りをつけてダークサイドに堕ちてもおかしくないともいわれています。その後、映画エピソード3へと続いていきますが、アナキンの中にジェダイへの不信感が全くなかったとはいえないかもしれません。


まとめ

ヨーダやメイスの考えに柔軟さがないのか?何かあれば全てダークサイドのせいにしていてはアソーカのような将来有望な人材を失うことになります。ジェダイは皮肉にも自ら強力な敵をダークサイドに送り出していることになります。エピソード8以降では誰かがダークサイドに堕ちるのでしょうか?切なく悲しい身内対決が繰り返されるのでしょうか??

スポンサーリンク



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

2016.12.12

ローグワン キャシアン・アンドーの魅力!K-2SOとの深い絆

ローグワンに登場するキャラクターで気になるキャラクターはいろいろいますが、やはり予告編に登場するキャラクターの中でジン・アーソと一緒に登場す…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る