スターウォーズ アナキンの父親に迫る!可能性があるのは1人だけ!

スターウォーズには明かされていないがいつくかあります。最大の謎のひとつがアナキン・スカイウォーカーの父親です。エピソード1でクワイ=ガン・ジンに将来を期待されジェダイの修行の道へと進んだアナキンに父親がいるとしたら可能性があるのはたった1人です。スターウォーズ史上最大の謎アナキンの父親に迫ります。
画像引用元:http://www.slashfilm.com/


いつしか妊娠していた!

アナキンの母親はワトーに奴隷として雇われていたシミ・スカイウォーカーです。エピソード1の子役のアニー(アナキン)は最高に可愛かったですよね!惑星タトゥイーンで故障した宇宙船の部品を探しに来たクワイ=ガン・ジンにより、その秘めた才能を認められたアナキン。血液中のミディクロリアンの数値がマスター・ヨーダをも凌ぐもの凄い数値だということ、そして母親シミ・スカイウォーカーが「アナキンに父親はいない、いつしか妊娠した」と語ったことがジェダイの修行の道を辿ることになった決定打でした。想像妊娠ではなく、実際にアナキンを身ごもり、出産したのです。


フォースにバランスをもたらす者!

アナキンはフォースにより生み出されたました。そしてフォースにバランスをもたらす者となったのです。【フォースにバランスをもたらす】とは結果的に一体どういうことなのか?アナキンはダークサイドに堕ち、その後ジェダイは衰退期を迎えます。そして最終的にダース・シディアスを倒し平和をもたらします。これがバランスをもたらす事だったのでしょうか?アナキンは強大なパワーを得るため、そしてもうひとつダークサイドに堕ちた理由があるのです。フォースにより生命を創造する力を得て妻であるパドメ・アミダラを救うためなんです。生命を創造する力・・・つまり生命を生み出すことができる力なのです。その力を持っているのはダース・シディアスの師ダース・プレイガスただ一人なのである。

スポンサーリンク


アナキンの父親はダース・プレイガス?

アナキンの母シミ・スカイウォーカーはフォースの力によりアナキンを身ごもりました。フォースの力とは??ライトサイドでも生命を創造できる者がいたのでしょうか?しかしその可能性は極めて低いと思われます。となると・・アナキンの生命を作りだした父親ともいえる人物はダース・プレイガスしかいないのだ!ダース・プレイガスは銀河系を帝国軍の支配下にするためにアナキンを作りだした可能性があります。しかし、アナキンの息子によりそれは誤算となってしまったのだろうか?スターウォーズ最大の謎のひとつ、アナキンの父親はダース・シディアスの師ダース・プレイガスの可能性はゼロとは言えない。アナキンはダース・プレイガスの弟子であるダース・シディアスによりダークサイドに堕ちたのも予定通りだったのかもしれない。
star-wars-7-s-supreme-leader-snoke-is-darth-plagueis-evidence-for-and-against-concept-771989
画像引用元:http://moviepilot.com/


スノークはダース・プレイガスなのか?

エピソード7に登場したファーストオーダーの最高指導者スノーク!あの大きさは半端ないですよね^^ただ、あれはホログラムのため実際は普通だと思われます。スノークの正体も謎のままですが、ダース・プレイガス説も根強く囁かれています。スノークの顔の傷からダース・ベイダーとの憶測もあり、全く正体は不明ですが、この2人である可能性は非常に高いだろう!しかし、ダース・プレイガスは弟子のダース・シディアスの不意打ちにより殺害されているので、霊体の可能性が高いです。アナキンは死後、修行せずにして霊体になる力を持っていました。これはダース・プレイガスが作りだした生命だからと捉えても不思議ではない。


まとめ

スターウォーズの謎、アナキンの父親については映画ではヒントはありません。今後エピソード8,9でその謎に触れることはあるのかすら分かりません。クワイ=ガン・ジンは真に永遠に生きるとはフォースとひとつになることであり、ジェダイこそそれを可能にする唯一の道なのだと語っています。この言葉がアナキンの父親、そしてスノークの正体に結びついていくのだろうか?アナキンの父親、そしてスノークはダース・プレイガスの可能性はゼロとは言えない!

スポンサーリンク


関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

2016.5.10

ローグワンでドニーイェンが無双してるけど、やっぱりジェダイだろ!

スターウォーズ スピンオフ映画ローグ・ワンの公開まであと少し・・(この状態が一番長い)公開された予告編から様々な憶測で盛り上がっています。と…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る